【後援会概要】

会則

名古屋学芸大学後援会会則

(名称及び事務局)

第1条 名古屋学芸大学後援会(以下「本会」という。)は、事務局を名古屋学芸大学内に置く。

(目的)

第2条 本会は、名古屋学芸大学の発展充実を援助し、併せて学生の福利厚生を図ることを目的とする。

(事業)

第3条 本会は、前条の目的を達成するため、必要な事業を行う。

(会員)

第4条 本会は、次の会員をもって構成する。

  1. 正会員(本学学生の保証人)
  2. 特別会員(本学の卒業生及び縁故者)
  3. 賛助会員(本会の趣旨に賛同する者)

(役員)

第5条

  1. 本会に、次の役員を置く。

    1. 会長 1名
    2. 副会長 2名
    3. 幹事 若干名
    4. 会計監査 2名
  2. 役員は、次の事項をつかさどる。

    1. 会長は、本会を代表し、会務を統轄する。
    2. 副会長は、会長を補佐し、会長に支障あるときはその職務を代行する。
    3. 幹事は、会長の指示を受け会務を処理する。
    4. 会計監査は、本会の会計を監査する。
  3. 会長及び会計監査は、評議員会において選出し、その他の役員は会長が委嘱する。
  4. 役員の任期は1カ年とする。ただし、再任を妨げない。
  5. 役員は、任期満了後、後任役員の就任までなおその職務を行うものとする。

(役員会)

第6条

  1. 役員会は、役員をもって組織し、会長が招集する。
  2. 役員会は、事業計画、予算、決算、その他重要事項を審議する。

(名誉会長及び顧問)

第7条

  1. 本会に名誉会長を置くことができる。
  2. 本会に若干名の顧問を置くことができる。

(審議機関)

第8条

  1. 本会に評議員会を置き、評議員をもって組織する。
  2. 評議員会は、毎年1回会長が招集し、次の事項を審議する。

    1. 事業計画の承認
    2. 予算、決算の承認
    3. 会長及び会計監査の選出
    4. 会則の承認及び改正
    5. その他重要と認める事項
  3. 臨時評議員会は、必要に応じ会長が招集することができる。
  4. 評議員会は、評議員総数の過半数の出席(委任状を含む)をもって成立し、議事は出席者の過半数の同意によって決定する。
  5. 評議員は、各学年12名以内とする。
  6. 評議員は、各学年各学科毎に若干名を会長が委嘱する。
  7. 評議員の任期は1カ年とする。ただし、再任を妨げない。
  8. 評議員会の決定事項は、全会員に報告するものとする。
  9. 評議員会において、必要と認める場合は、会員を招集し総会を開くことができる。

(会費)

第9条 本会の会費は、次のとおりとする。

  1. 正会員 年額 20,000 円
  2. 特別会員 年額 任意の額
  3. 賛助会員 年額 10,000 円以上

(事務)

第10条 本会の事務は、これを名古屋学芸大学に委嘱する。

(会計年度)

第11条 本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年の3月31日に終る。

附 則

この会則は、平成14年4月1日から適用する。

附 則

この改正は、平成30年6月2日から施行し、平成30年4月1日に遡及し適用する。