後援会概要

後援会の目的と事業

 本学後援会(以下「本会」という。)は、大学開学(2002年度)と同時に一期生保護者・保証人により発足致しました。

  本会では会則第2条「本会は、名古屋学芸大学の発展充実を援助し、併せて学生の福利厚生を図ることを目的とする。」及び第3条「前条の目的を達成するため、必要な事業を行う」に基づき、毎年度評議員会において事業計画を審議し、収支予算案に基づき後援会主催・共催の事業を実施しております。

名古屋学芸大学後援会・令和5 年度新会長挨拶

皆さま、初めまして、2023 年度の後援会長を務めさせて頂きます、小松と申します。後援会役員を代表しまして、一言ご挨拶申し上げます。

会員の皆さまには、日ごろから、本会の活動について、ご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

本学後援会は、「大学の教育方針に則り、教職員との連携を図りつつ、大学の発展充実を援助し、学生たちの福利厚生を図ること」を目的としております。

昨年度は、新型コロナウイルスの影響により、6月開催の全体会や学科説明会、10 月開催の学科別懇談会をオンライン併用で実施するなど活動の多くを変更せざるを得ませんでした。

誰しも予想し得なかった、この3年間に及んだ困難な状況下で学生たちは、大きな不安や日々心配を抱いて学生生活を過ごしてきました。しかし、5月8日以降、新型コロナ感染症が5類に位置付けられたことから、私自身もひとりの親として、学生たちが一刻も早く大学での日常生活を取り戻せるよう、皆様とともに支援をしてまいります。

さて、後援会の主な事業としましては、後援会全体会、学科説明会の実施及び学科懇談会の開催があります。

また、就職活動の経費支援や海外研修・ボランティア活動への補助、課外活動や学生の福利厚生に対する援助などがあり、学生生活向上のため、役立っていると確信しております。

なお、本年度は後援会の諸活動をより身近に感じて頂けるよう、後援会のウェブサイトを開設致します。

例年、6月と10 月に開催しております、学科説明会及び学科懇談会は、「各学科の教育」「資格取得」「学生生活」「就職活動」など、ご家庭での心配ごとや気がかりなことを先生方の説明や個別懇談を通じて解決いただく、皆さまと大学を繋ぐ重要な活動として位置付けております。

本年度も、大学側の協力を得て、オンライン併用による学科説明会を開催いただき、引き続き、後援会事業の新しい形として実施してまいります。

皆さまからのご意見、ご要望をお聞きしながら、新しい様々な活動を通じて、学生たちのためにより良い教育環境を整備してまいりますので、後援会活動への積極的なご参加やご支援、ご協力をお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

後援会全体会での挨拶より

令和5年度 役員・評議員

会長(1名)
映像メディア学科
副会長(2名)
ファッション造形 1・デザイン 1
会計監査(2名)
デザイン 1・映像メディア 1
幹事(3名)
管理栄養 2・映像メディア 1
評議員(47名)
管理栄養 8・映像メディア 7・デザイン 8・ファッション造形 8・子どもケア 8・看護 8